m13
|flowers|ダンスパフォーマンス PARADISE @ 根本造船所
2010年 5月8日|土|   5月9日|日|
6:30 pm 開場 7:00 pm 開演 (上演時間約1時間)

吉本由美が主宰する|flowers|は、作品ごとに構成人物を変化させ、既成の劇場に限らず、心惹かれた場所を舞台にしています。
この度は、川崎にある根本造船所様のご協力もいただき、「造船所」というユニークな場所でパフォーマンスを実施することとなりました。
工場、プラント、船…
川崎という日本の産業基盤となってきた歴史あるこの地でのパフォーマンスはきっと新たな土地の姿を私達に見せてくれることでしょう。
wel2

wel4

pro2
吉本由美/Yumi Yoshimoto:1995年パフォーマンスグループ|flowers|を立ち上げ、自ら踊るダンスを軸に、演出、振付等の活動を行っている。発表の場は既成の劇場に限らず、ギャラリー、廃墟、ガレージなど、心惹かれた場所を選びステージにしている。2000年より「PARADISE」と名付けたパフォーマンスを継続し、他ジャンルのアーティストとコラボレーションを重ねている。府中市美術館、原美術館等で発表。今回は、「水」、「船」、「鉄塊」、波に洗われた「錆」が混在する造船所に何かを見いだしたようだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/fl_yumiyoshimoto

坂本弘道/Hiromichi Sakamoto:エフェクターから鉛筆削りまで用い、果てはグラインダーで火花まで出す唯一無比のチェロ奏者。2008年野外特設テントにおけるソロ公演では演奏中にチェロを燃やす行為に及ぶ。「パスカルズ」などのバンド活動、遠藤ミチロウ、川上未映子ら多種多彩な表現者との共演、演劇、ダンス、映画への作曲、即興を主体としたセッション及びソロ・パフォーマンスを国内外で展開。2009年は宮本亜門演出「三文オペラ」に出演。代表的音源は1999年にリリースしたソロアルバム「零式」。
http://home.catv.ne.jp/dd/piromiti/profile.htm

コスマス カピッツァ/Kosmas Kapitza:パーカッショニスト。ドイツに生まれ、日本とドイツの両国で育つ。1990年、東京に移住。「オルケスタ・デ・ラ・ルス」で2年間ワールドツアーに参加。1995年より、フリーランスミュージシャンとして数々のレコーディングとライブ活動を行う。「ママドゥ・ドゥンビア」「熱帯JAZZ楽団」「葉加瀬太郎」「角松敏生&アガルタ」「bird」「渡辺香津美」「DJ LAVA」「早坂紗知&ミンガ」「天才あひる倶楽部」他。リーダーを務める「planetsensorium(プラネットセンソリウム)」の1stアルバム「Carnaval Mantra」を2008年4月に発売。
http://www.kosmask.jp

阿部康子/Yasuko Abe[ 照明]:2001年より吉本のパフォーマンスに照明として参加。能舞台、現代劇など幅広い範囲で「照明」の世界にたずさわる。吉本のパフォーマンスでは、裸電球の暖かい光を操り独特な世界を醸し出している。今回は、「造船所」で、魅せてくれる光に注目したい。

津田三朗/Mitsuo Tsuda[オブジェデザイン]:1957年兵庫県生まれ。造形・装置作家。2005年「ORI 」、2008年「Outline of inside」(Craft Story/釜山)、現在九州大学芸術工学部デザイン基盤センターに在職。1999年(flowers)、2001年、2002年、2004年、吉本由美「PARADISE」にて、オブジェの制作を担当。アートスペース千代福にて発表。
http://chiyofuku.jpn.org/

中田 泉/Izumi Nakata[衣装デザイン]:グラフィックデザイン、エディトリアルデザインのほか、ジャンルにとらわれない活動を展開。最近は「身につけるグラフィック」として、PAPER SKIRTやUKIMONOなど、スカートや着物をキャンバスに、平面グラフィックの立体的な展開を楽しんでいる。京都造形芸術大学情報デザイン学科准教授。

矢沢正之[しつらえ] フラワーズ根上、鈴木[プレス、運営]